Celeste Engineer

Androidとか自転車とか

富士ヒルに参加してきた!

人生初の自転車イベントとして、富士ヒルクライムに参加してきました。普段から山を登りに行くのは好きなのと、完走者が多いということで、3月にシュッと申し込みをしていました。

知人が宿等のアテンドをしてくれたので、自分は移動手段と運転を担当しました。前日も当日もぐっすり睡眠、大事です。

前日は受付とブースをウロウロしました。

f:id:KeithYokoma:20170611215547j:plain

頑張るぞ!写真をツイートして補給食もGET!

f:id:KeithYokoma:20170611215559j:plain

このあとアクションカムにSDカードを入れ忘れたことを思い出して電気屋さんダッシュし、ご飯を食べて宿でぐっすり眠りました。

本番当日は、4時に起きて移動、車を止めて自転車を組み立て、荷物を預けて順番が来るのを待ちました。荷物を預けるまでに大行列が出来ていて、早起きは三文の得ということわざを思い出しました。 自分は20グループでのスタートということで、5合目まで登る最終組でした。スタートがきられて計測開始までにすでに何やら登っていて消耗が始まるな?という気持ちがありましたが、ゆるゆるとペースを維持しつつ上げてくぞ💪という作戦で臨みました。

f:id:KeithYokoma:20170611215530j:plain

富士スバルラインは富士山の5合目まで登る3つの道のうち一番ゆるやかな坂(その分距離は長い)ということで、最大斜度も10%いかない感じではありましたが、6~8%の坂はこらえて、ちょくちょくやってくる3~4%の坂で少しずつスッとペースをあげられるようにしたところ、特に目標タイムとかは設定しなかったものの、1時間52分ほどで登りきりました!

f:id:KeithYokoma:20170611215533j:plain

f:id:KeithYokoma:20170611215554j:plain

いくつか沿道で応援してくれる人たちのいる場所や、関門、カメラマンの人たちがいる場所があって、お祭りのようなイベントでもありました。山岳スプリット区間で「ここからもがけ!」という標識を見たときは「どこまでもがくのー!」という気持ちになるくらいそびえる坂とヘアピンカーブが見えましたが、坂をシュッと登るのは楽しいですね!速くはないけど、もうちょっと!と言う所まで来てニヤついてしまいました😁

最後はカレーと焼きそばをモリモリ食べて下山!

f:id:KeithYokoma:20170611215525j:plain

冬装備でも十分寒い5合目でしたが、下に降りると暖かみを感じました😉

行き帰りの運転は渋滞に捕まったり道を間違えたりとありましたが、無事に返ってくることが出来ました😃。また来年、次はブロンズを目指せるように頑張ります!