Celeste Engineer

Androidとか自転車とか

ツールド美ヶ原

先月たまたま申し込み期限ギリギリに申し込んだツールド美ヶ原に行ってきました。 激坂があり、それを乗り越えた先には雄大な自然!気持ちよさそう!!楽しそう!!!という勢いで申込んだわけですが、梅雨真っ盛りとあって天気は週間予報からあまり良くなく、実際当日の早朝は雨が降っていました。 開会式が始まる頃には雨もやんでいて、頂上付近は曇りと言われていました。ただ、スタートしてしばらくは雨に濡れたウェットな路面でしたので、注意深くいくことに。

スタートが切られて、いざっと思ったらいきなりすごい激坂でした。16%とか18%とかいう鬼のような坂をいきなりぶっこんでくるのはすごいですね。しかもグレーチングがところどころにあるので油断ならない…とおもっていたら、シッティングでペダルを踏んだときのトルクがかかる瞬間にグレーチングを踏んでしまったようで、ズルッと後輪がすべりました。幸い転ぶことはなく、最初の難関はなんとかクリアすることが出来ました。ただ、10%後半だった坂が10%前半に落ち着いたというだけで、キツイことには変わりないのですが😭美鈴湖手前でスタッフのおじさんが「もうすぐ激坂おわるよ!」と声をかけていましたが、踏めども踏めども10%とか13%とかの坂が続いて泣きそうでした😂

途中、クリートのネジが緩んでいることに気がついて、第二給水ポイントで締めなおすことに。ロングライド装備をほぼそのままヒルクライムにもっていったのが役に立ちました。おかげで重たかったですが😒 ツールド美ヶ原の給水ポイントは3つありますが、全部走りながら水のはいった紙コップを受け取れて、回収もバッチリスタッフさんが面倒を見てくれる親切設計でした。

そういえば、悪魔おじさんに扮した悪魔お兄さんが走っていました。途中で追い越したのですが、周りの人全てに「キャノンデール!アレ!アレ!」とか「ビアンキ頑張れ!」とかと声をかけていました。下山時にはゴール地点であとから来る人達も応援していて、悪魔お兄さんの本気度が伝わってきました。

最後の給水ポイントからはガンガン踏んでいきました。平坦路と若干のくだりもあってスピードに乗りつつ、無事にゴールしました。タイムは1時間46分だったようです。 ゴール地点では冷やしトマトの差し入れをいただき休憩後下山しました。

序盤からきっつい坂が続く厳しいイベントでしたが、また来年もきたいですね!